お通夜・お葬式・告別式参列者の服装の紹介

◆お通夜・お葬式・告別式参列マナー(喪服)突然来る御不幸の事前準備を!◆


社会人になったらまずは、喪服の準備しておきましょう。

社会人になったら、取引先の方や会社の上司や家族などの突然の訃報に慌てないためにも、喪服だけは前もって準備したいものです。

様々な突然の訃報に慌てないためにも、喪服だけは前もって準備をし、故人を見送る時に礼を尽くすのが大人のエチケットとされています。

しかし、仮通夜の場合は、シックな服装を心がけましょう。
喪服を着て行っては、不幸を予期していたようで、かえっておかしいとされているそうですので、取り急ぎ駆けつけるときは、地味な平服でかまわないそうです。

 

◆お通夜の際(大人の服装)

お通夜は「とりあえずかけつける」ものなので、本来は控えめで地味な装いをするものとされており、喪服を着用する必要はないそうで、地味な普段着とのことです。
もちろん、Tシャツのようなカジュアルだとマナーに反します。

礼装で訪れたのでは不幸を予期していたようで、かえって失礼にあたるそうです。
しかし、最近は事前に通夜の日時が分かるので、喪服での参列も増えているそうです。

男性の場合はできればネクタイと靴下を黒に換える方がよいでしょう。
万が一、黒いネクタイが無い場合、ノーネクタイでも構わないそうです。

◆お通夜・葬儀・お葬式・告別式の際の子どもの服装
子供が通夜に弔問する場合の服装というのは、学校の制服がある場合、制服が基本ですが、学校の制服が無い場合の服装は、黒や紺、グレーなどの服になります。
男の子はブレザーに黒のネクタイが良いでしょう。
女の子は黒系のワンピースか黒、紺系のブレザーに黒のスカート・白のブラウスで、フリル、リボンが無い地味なものを着用させましょう。
◆葬儀・お葬式・告別式の際(大人の服装)

<女性の喪服>
黒のフォーマルスーツかワンピースで、長袖が原則とされ、遺族よりも格式の高い礼服の着用はNGです。
スカートはひざ下丈で、ボタンやベルトのバックルも布でくるんであるものが正式とされ、白いブラウスや袖無し、襟元の大きく開いた服は避けるべきです。
<髪型> ロングヘアの場合は1つに束ねるなど、すっきりさせるようにしましょう。
<男性の喪服>
慶弔両用に着られるブラックスーツを。シングルでも、ダブルでも大丈夫です。
夏用・冬用共にそろえておくと良いです。
◆また、香水は、線香の妨げとなるのでNGとされていますので、注意しまうしょう。
◆<お葬式・告別式に参列する際に用意しておきたい小物類>◆

@「ふくさ」
故人の霊前に供える香典をむき出しのまま持ち歩くのは失礼になるので、喪服と一緒に「ふくさ」を用意しておく
お葬式では、青、緑、灰色、紫など、地味な色のものを
@「数珠」
自分の家の宗旨が仏教であれば、拝礼の時に用いる「数珠」も必需品。葬儀だけでなく法要や墓参りなど出番が多いので、早めに用意したい

◆葬儀・告別式での持ち物マナー(バック・靴・アクセサリーなど)◆



<お葬式・告別式に参列する際のバッグ>
バッグが黒でも、開けた時にカラフルではいけません
サブバッグがあると便利

<お葬式・告別式に参列する際のマフラー、手袋、ストール、コートなど>
黒や紺、グレーなどシックなカラーのもの

毛皮や革のコートはタブー(殺生をイメージする毛皮や革のコートはNGです。)

<お葬式・告別式に参列する際のハンカチ>
白あるいはグレー、黒など、華美なデザインのないものがよいでしょう。

<お葬式・告別式に参列する際の時計>
黒いベルトあるいは、銀のベルトのものが基本です。
カラフルなものやゴールドのものしか持っていない場合は、はずして参列した方が良いそうです。

<お葬式・告別式に参列する際のお葬式のアクセサリー>
指輪は結婚指輪のみOKですが、石がついているものは、手のひら側に回して、隠す配慮が必要です。
ネックレスは、喪主/親族/近親者は黒か白の真珠の一連のネックレス
参列者も真珠以外は、オニキスや黒曜石など黒系のものにしましょう。
二連のネックレスは重なることを嫌う弔事では間違ってもしないこと。

<お葬式・告別式に参列する際のストッキング>
肌色でもよいとされていますが、黒なら安心です。

<お葬式・告別式に参列する際の靴>
男女共通> 黒で金具がなく、光沢のないもの

女性> 殺生を連想させる革製のものは避け、派手な飾りのない布製のシンプルなパンプスを合わせましょう
パンプスがお薦めで、ヒールは3cm程度までが良いそうです。(サンダル・ミュールはNG)
基本的に飾りや光沢があるものを遠慮するのがマナーだそうです。

<傘>
葬儀は突然ありますので、黒地の傘や地味な色合いの傘を日頃から1本は準備しておくとよいです。

<扇子>
黒いものを選びましょう。暑い季節には、あると便利な必需品です。

フォーマルメーカーがお届けする高品質な商品をTISSEの公式サイトでお確かめ下さい。
>フォーマル専門店 TISSEの公式サイトはここをクリック<

 

◆<最悪、喪服が間に合わない場合は…>◆
友人などに借りられない場合は、レンタルという手もあります。
弔問する一般会葬者は、洋服のレンタルの店などで喪服の貸出を行なっており借りることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です